食費を節約するなら「理想の食費」をはっきりさせてみる

食費の節約
この記事は約2分で読めます。

食費は、家族構成、子どもの年齢、住んでいる地域の物価、家族の嗜好・・などいろいろ複雑に絡み合って家庭ごとに違うものだと思います。

よく、雑誌やテレビで「4人家族で食費2万円!」などと特集されていることがありますが、あれは万人が真似できるものかというと無理です。

私もかつて、「食費節約」をテーマにメディアから何度か取材を受けていましたが、2万円で抑えるためにはものすごく時間と手間をかけていたり、子どもが乳幼児だったり、何かを減らしたり我慢していたり、野菜のいただきものなど恵まれた条件が整っていたからこそ、その程度の食費で抑えられていたのです。

今あのくらいの食費で育ち盛りの子どもの胃袋を満たし健康状態を維持できるかと言われたら絶対無理です。

だから、食費2万円家庭と比べて落胆するのはナンセンスで、自分達のベストの食費をざっくり計算して「理想的な食費」を一度割り出してみるとやりくりのうえで目安になります


例えば、1人1食あたり300円で自炊したい、と想定すれば、

2人暮らしだと、(1食300円/人*2人)*3食/日*30日=54,000円

です。

そこから、もっと工夫して節約できる!というのであれば、1食あたりの想定食費をもっと安くして計算すればいいし、
もしくは、一ヶ月54,000円で想定していたけど、工夫したら〇〇円で済んだー!と達成感を得る材料にするのも良いと思います。

ちなみに、お米を10kg4,000円くらいで買っている場合、ごはん1膳(0.5合分)で大体30円くらいになります。

また、お子さんが保育園や学校で給食がある場合は、その分をひいて計算するとよいです。

なお、食べ盛りの子ども3人を含む5人暮らしの我が家は、大量の米を比較的安く買える、牛乳は大量消費、肉は安いのばっか、果物も安いのばっか、地域柄野菜は安い、給食2人、弁当持ち3人、という条件で、大体1ヶ月の食費から1人1食あたりの食費を割り出してみると大体200円です。

1人1食200円とはいえあくまでざっくり計算なので、厳密には朝は質素だし夜のほうがボリューミーです。時々コンビニでアイスやお菓子を買っている分と、仕事後に時間節約のために皆ですき家に行って牛丼食べてる分も食費に含まれています。(※休日の外食はあえて回数・予算のルールを設定してレジャー費にして食費とは切り分けて考えています。)


いずれ、食費の節約をしていても、健康を維持できる食生活を送るべきだと私は思います。

食べることは気持ちを豊かにすることにも繋がります。

きちんと食べたうえで、あとは買い方や作り方を工夫してやりくりするのが食費の節約だと思っています。