節約「簡単おかずスープ」のコツ

食費の節約
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。節約倶楽部しのちです。

自炊の献立で最も簡単で栄養もとれるのが「おかずスープ×ごはん」の組み合わせです。

おかずスープの作り方はシンプル。
調味料を変えるだけで味変できるのでレパートリーも広がります。

共働きで忙しくても、おかずスープなら簡単に作れます。

「簡単おかずスープ」のコツ

スポンサーリンク

おかずスープを美味しくするポイント

  • 具を入れれれば入れるほどそれぞれの素材の旨味が出て美味しさ倍増
  • 毎日同じような具材でも調味料を変えて味変すれば飽きずに食べられる
  • 冬場はつくりおきOK。傷みやすい夏場は1回ごとに作るか、冷まして冷蔵保存
  • スープに肉類を入れれば主役になる
  • 切らずにすぐ使える食材を使って時短料理

切らずに使えるおかずスープの食材

冷凍シーフードと冷凍ごぼうにんじんミックスの味噌汁。包丁いらずで作れるスープです。

カット野菜(冷凍など)や乾燥わかめなどの乾物を用意しておけば切る手間は省けるし、鍋にぱっと放てばいいので時間短縮にもなります。

  • 肉魚卵類(卵、シーフードミックス、冷凍あさり、ひき肉、豚肉切り落とし、切り落としベーコン)
  • 豆製品(豆腐は手で崩してもいい、カット済高野豆腐、油揚げ)
  • 冷凍野菜(カットほうれん草、コーン、里芋、ブロッコリー、野菜ミックス、揚げなす)
  • 手でちぎれる野菜(きのこ、きゃべつ、もやし)
  • 乾物(乾燥わかめ)

おかずスープをスープジャーに詰めてお弁当に持っていこう

鍋いっぱいに作ったスープは、もちろん朝食になりますしスープジャーに詰めてお弁当としても持っていきます。

スープがおかずを兼ねているのでこれに塩おにぎりだけでも満足感ありです。

冬場の寒い時期は夜までもちますが、傷みがちな暑い季節は食べる分ずつ作るか、荒熱をとって冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。

おかずスープ味変に使える調味料のアイデア

味噌味の小松菜豚汁
  • 和のスープ(みそ汁、白だし、めんつゆ、醤油)
  • 中華スープ(創味シャンタン、ごま油、片栗粉でとろみをつける)
  • 洋風スープ(コンソメ、牛乳)

おかずスープレシピ

簡単春雨スープレシピ

材料 ほうれん草、ベーコン、卵、油揚げ、きのこ類、春雨(水で戻さなくてもいいタイプ)、創味シャンタン、ごま油

  1. 鍋に水を張る。基本、固い野菜は水から茹でるが、今回は固い野菜がないので沸騰してから卵以外の食材を入れる。
  2. 創味シャンタンを入れて味見。少量のごま油をたらりと足す。
  3. 沸騰したところに、箸で混ぜた卵をぐるっと回しかけるように入れ適当なところで火をとめて完成。

こんな感じで、あとは食材を足したり引いたり味を変えて具沢山スープで栄養ある食費節約にチャレンジしましょう。



ブログランキングに参加しています

応援クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ 

ブログランキング
応援クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ  
食費の節約
スポンサーリンク
しのちをフォローする
節約倶楽部

コメント

  1. […] […]