ワーママの平日の夕食作りを15分で完成させる時短アイディア

家事のヒント
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。節約倶楽部しのちです。

我が家には食べ盛りの3人の子どもがいます。
彼らのおなかを満たすのはもちろん、体が作られる大事な時期なのでできるだけバランスのよい食事を出してあげたいと思っています。

とはいえ、私もフルタイムで働いているので、そうそう手間や時間をかけてもいられません。

試行錯誤の末、平日の夕食作りを15分ほどの短時間で仕上げるコツを見つけました。

スポンサーリンク

メインは極力シンプルに

メインおかずを「出すだけ」「焼くだけ」のできるだけシンプルな工程のおかずにすれば同時進行で副菜が作りやすいです。
メインがシンプルでも副菜やスープで野菜がたっぷりとれるよう工夫します。

おかずは倍の量を作って「つくりおきおかず」にする

つくりおきおかずのために貴重な休日にわざわざ時間を使うのはもったいないです。
平日の料理でおかずを作るときに倍の量を作れば済みます。
また、野菜も一度にまとめて切って冷凍しておきます。
つくりおきおかずを数日中に食べきれる場合は冷蔵保存、心配な場合は冷凍しておきます。
副菜をメイン並に盛るとあっという間になくなるので、小鉢にちょっとずつ出すと「つくりおきおかず」を使いまわしやすいですしお弁当にも使えます。

副菜に「出すだけ」で完成のおかずを

副菜にはつくりおきおかずのほか、漬物や冷ややっこ、トマトなど、手間をかけずにすぐ出せるおかずがあると便利です。

野菜は「おかずスープ」でとる

涼しい季節は、朝食、お弁当、夕食分のスープを大きな鍋でまとめ作りしています。
カット済みの野菜を使えば手間を減らしてスープが作れます。

カット済みの野菜を使って時短で作ったおかずスープ

できるだけ切る手間を省く

料理で時間がかかるのは「切る」ことです。カット済み野菜を使う、一度にまとめて切って冷凍しておくなどで、料理時間を短縮できます。

時短献立例

餃子を焼いただけ晩ご飯

  1. メイン→スーパーで買ってきた焼くだけ餃子
  2. 副菜→市販キムチ
  3. スープ→朝食用にたくさん作っておいたスープ

成形済みの生ハンバーグを焼いている間に包丁を使わない料理を組み合わせた10分クッキング晩ご飯

  1. メイン→スーパーで買ってきた焼くだけ生ハンバーグ
  2. 副菜2品→ツナ缶とザワークラウト(業スー瓶詰)を和えた1品、冷凍ポテト(業スー)をレンチンした1品
  3. スープ→菜花、きのこをキッチンバサミで切って

刺身につくりおきを添えただけ晩ご飯

  1. メイン→業務スーパーで買い置きしていたサーモンたたきと、仕事帰りに追加で買った刺身
  2. 副菜→つくりおき筑前煮(業務スーパーの筑前煮ミックス使用)
  3. スープ→朝に作り置きしていたスープ