「何もしなくても節約になる仕組み」を整える

節約術・やりくり
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。節約倶楽部しのちです。

節約生活を続けていくなかで最もラクに節約するコツは「何もしなくても節約になる仕組みを作る」ことです。

少しでも安いものを求めてチラシチェックをしてお店を回ったり、照明をこまめに消して回るといったコツコツと続ける方法もありますが、まず最初にやっておけばあとはほったらかしでも節約が続く効果的な方法があります。

その一つが「固定費の見直し」です。

例えば、私は生命保険の見直しをしていますが、それによって私1人分の保険料の支出がこれまででトータル100万円以上カットできました。一度、仕組みを作っただけで節約が続くので、この100万円以上の節約には私の継続的な努力や工夫はなにもありません。まさにほったらかしの節約です。

さて、固定費についてですが、生活を送るうえでかかってくるお金は「固定費」「変動費」に分けられます。

「固定費」とは、毎月・毎年、定期的に払っているお金です。生命保険、損害保険、家賃、住宅ローン、水道光熱費、通信費(スマホ・インターネット料金)などがあたります。

「変動費」とは、日々のやりくりの中でお財布事情を意識してやりくりしたり、または使わないこともある支出です。食費、日用品費、娯楽費、被服費、理美容費、交際費、交通費、ガソリン代など月によって支払額に変動がある項目です。

定期的に支払っている「固定費」は、銀行口座から自動的に引落ししていることも多いかもしれません。自分で操作しなくても口座から自動で引かれているため、普段は意識しにくく見直す機会がなかなかないかもしれません。また、見直しに関しても煩雑・面倒なイメージがあり、後回しにしがちです。

ただ、その面倒そうな作業(見直しや契約変更)をすることによってその後得られ続ける節約効果は大きいです。

最初に契約したまま放置ではなく、家計を見直したいときはもちろん、ライフスタイルが変わったときや、新しい契約プランが出てきたときなどに見直すと良いと思います。

契約の見直しによって月々の支払い額を減らしたら、あとは何もしなくても自動的に節約が実行され続けていくことになります。

調べたり契約しなおしたりすることは正直なところ億劫で腰が重くなりがちですが、実は面倒で億劫なことほど、やってしまえば自分が得することが多いものです。

固定費の見直しでまず、節約のしくみ作りから始めるとがんばらずに節約が続けられます。



ブログランキングに参加しています

応援クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ 

ブログランキング
応援クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ  
節約術・やりくり
スポンサーリンク
しのちをフォローする
節約倶楽部

コメント